So-net無料ブログ作成
検索選択

人生は、「今のあなたで」十分うまくいく [恋人つくる]

 精神科にくる患者さんの中には、容貌コンプレックスを持つ人もいる。自分の人生 がうまくいかないのは、容貌が劣っているからだと思い込んで、美容整形をしたいと いう。

 もしも美容整形で性格も明るくなり、恋人ができて、人生が変わるなら、それもま たひとつの手段だ。私は、美容整形は何がなんでも反対というわけではない。しかし、 あまりお勧めはできない。特に神経質性格や自己顕示性性格の傾向の強い人は、どこ まで整形しても、「これで満足」ということがないだろうからだ。

 ひとえの目をふたえまぶたにしてみたが、どうももう少し鼻が高くないとおかしい。 鼻を高くしてみたものの、あごのバランスが悪い・・・と、さんざんお金をかけたあげ く、おかしな顔になってしまうことも多い。こうなってから整形の先生を恨んだり、 訴えたりして、精神科に回されてくる人もいる。

 以前、「ジンバリストみたいな一流の音楽家になりたい」という高校生の患者がい た。親は彼のいうとおりにピアノやバイオリンを買い与えていたが、そのうちとうと う、「世界一二流の指揮者になるには、鼻が低くては世界の檜舞台に立てない。美容整 形をするので病院を紹介してくれ」といい始めた。そこで私は、「おお、えらいなあ、 けっこうな話だ」といって、美容整形のドクターに紹介状を書き、「こういう男がそ ちらに行くが、手術はやれないといってください」と頼んだ。

 ドクターは、「もう二、三年、年を取ってからのほうが手術がうまくいく」と彼に 話して手術をしなかった。

 そのうちに、世界一流の指揮者になるのはどうも無理そうだとわかってきたので、 美容整形をしたいとはいわなくなった。

 本当に世界一流の指揮者になれれば、鼻の高さなど気にならない。もちろん、鼻が 高くなったら世界一流の指揮者になれるわけでもない。 「ああだったら、こうだったら、うまくいくのに・・・」といっているうちは、何もし ていないのである。人との出会いも、自分が「今持っているもの」で十分にうまくい く。完璧な顔も、完璧なスタイルも、完璧な性格も必要ないのだ。

 こんな美容が注目



共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。